デートクラブの男:でんでん

デートクラブの男:でんでん

映画「ライク・サムワン・イン・ラブ」で、デートクラブの経営者役を演じたでんでんは、元お笑い芸人で現在は俳優として活躍している人物です。これまで数多くの映画・ドラマ・舞台に出演している名脇役であり、その個性的な演技は出演時間が短くても観客に強い印象を残す存在感があります。ピン芸人として活動したのち、俳優に転身した異色の経歴の持ち主でもあります。

プロフィール

1950年1月23日生まれ。福岡県筑紫野市に生まれ、中間市で育ちました。本名は緒方義博(おがたよしひろ)です。渥美清に憧れて高校を卒業してすぐの19歳の時に上京し、弟子入りを志願しようと試みますが、本人に会うことが出来ずに断念します。その後丸井に就職して4年間サラリーマンとして働きます。その後、役者を目指して丸井を退社し、劇団ひまわりに入団。エキストラとして3ヶ月ほど活動します。1980年、30歳の時に素人として「お笑いスター誕生!!」へ出演し、8週勝ち抜きに成功します。これによって金賞を獲得し、芸能界デビューを果たしました。当初はお笑い芸人として活動しており、スタンダップ・コメディ調の芸風で知られ、「ようみんなぁー、ハッピーかい?」「どうだい?美しいだろぉー?」「今日はみんなにオイラのすばらしい歌を聞かせてやるぜ。」などの決め台詞で人気を博しました。1981年に森田芳光監督の映画「の・ようなもの」で俳優に転身し、以降は多数の映画やテレビドラマで脇役として出演しています。1995年にはラサール石井、小宮孝泰らと共に「星屑の会」を結成。水谷龍二作・演出の「星屑の町」シリーズや「ある晴れた日の自衛隊」シリーズなどの舞台をこなしました。2010年には園子温監督の映画「冷たい熱帯魚」で、表では笑顔を見せながら裏では連続殺人鬼という二面性を持った熱帯魚店経営者を演じ、芸歴31年にして初の受賞となった第36回報知映画賞を皮切りに第35回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など国内の賞を総なめにするなど高く評価されました。

受賞歴

  • 2011年 第36回報知映画賞 最優秀助演男優賞
  • 2011年 第21回東京スポーツ映画大賞 助演男優賞
  • 2012年 第85回キネマ旬報ベスト・テン 助演男優賞
  • 2012年 第66回毎日映画コンクール 最優秀助演男優賞
  • 2012年 第35回日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞

主な出演映画

1981年「の・ようなもの」
森田芳光監督による、落語の世界を題材にした青春群像映画。志ん水役で出演。
1990年「ペエスケ ガタピシ物語」
園山俊二のマンガ作品「ペエスケ」を 原作とした映画。ヤクザ役を演じた。
1992年「ザ・中学教師」
校内暴力や非行などの問題を抱える中学校で、一人の男性教師が冷静さを失わずに指導を行っていく姿を描いた、社会的問題意識を背景にした作品。川崎役で出演。
1997年「CURE」
連続猟奇殺人事件を追及する刑事と、事件に関わる謎の男を描いたサイコ・サスペンス・スリラー作品。大井田巡査で出演。
1999年「催眠」
松岡圭祐の小説「催眠シリーズ」の映画化。倉庫の作業員役を演じた。
1999年「お受験 OJUKEN」
中年サラリーマンが愛娘の私立小学校のお受験や自身のリストラに直面し、悪戦苦闘する物語。高齢市民ランナー役で出演。
1999年「ゴジラ2000 ミレニアム」
第3期ゴジラシリーズの第1作。背びれが大きく鋭く強調され斬新なデザインに一新されたゴジラが登場する。漁師役を演じた。
2000年「うずまき」
伊藤潤二の同名ホラー漫画を映画化した作品。巡査役で出演した。
2000年「呪怨」
この世に強い怨念を残して死んだ女性、佐伯伽椰子が、その呪いを人々に伝播させるオムニバス形式のホラー映画。吉川役で出演した。
2000年「ちんちろまい」
博多を舞台とするミュージカル風コメディ映画。博多駅の駅員役で出演。
2001年「EUREKA」
青山真治監督による“北九州サーガ”の第2作。バスジャック事件によって、心に深い傷を負った運転手の沢井、中学生の直樹と小学生の梢の兄妹が、人生の再生をかけた旅に出るという物語。吉田役で出演。
2001年「溺れる魚」
戸梶圭太の同名小説を原作とした映画。「溺れる魚」と名乗る犯人による珍妙な脅迫事件を捜査する、2人の珍妙な刑事の活躍を描いている。長さん役で出演。
2001年「RED SHADOW 赤影」
横山光輝の人気忍者漫画「仮面の忍者 赤影」を原作とした映画。凡野兵衛役を演じた。
2005年「不良少年(ヤンキー)の夢」
「ヤンキー母校に帰る」で話題となった“ヤンキー先生”こと義家弘介の自伝「不良少年の夢」を映画化した作品。山村栄役で出演。
2006年「雪に願うこと」
ばんえい競走をテーマにした人間ドラマ。鳴海章の小説「輓馬」を原作としている。藤巻保役を演じた。
2006年「水霊 ミズチ」
田中啓文によるホラー小説を原作としたホラー映画。古事記を元にした神話をモチーフに、大がかりな伝記ミステリーとして「水」「イザナギ」「イザナミ」などの関係性を描いている。殿村肇役で出演。
2007年「どろろ」
、手塚治虫の漫画「どろろ」の実写映画版。子捨て村の住民役で出演した。
2007年「松ヶ根乱射事件」
山下敦弘の監督6作目の作品。1990年代前半の田舎の町を舞台にあるひき逃げ事件に関わる人物たちの人間関係を描いている。青山周平役を演じた。
2007年「屋根裏の散歩者」
江戸川乱歩の短編小説を映画化した作品。阿久津役で出演。
2008年「母べえ」
映画スクリプターの野上照代の実話にもとづいたエッセイを原作にした映画。福田組長役を演じた。
2008年「歓喜の歌」
立川志の輔による新作落語を映画化した作品。ある年の大晦日に公民館で起きた一つの騒動を描いている。スナック経営者の葛飾太郎役で出演した。
2008年「クライマーズ・ハイ」
日本航空123便墜落事故を題材とし、群馬県の架空の地方新聞社を舞台に未曾有の大事故を取材する新聞記者の奮闘を描いた作品。亀崎正雄部長役を演じた。
2008年「グーグーだって猫である」
大島弓子の同名漫画を原作とした映画。アメリカンショートヘアの猫「グーグー」と、その飼い主の漫画家、その周りの人々の生活を描いている。梶原役で出演。
2009年「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」
旭山動物園が廃園寸前の状況から復活する過程を描いた作品。市役所員役を演じた。
2009年「蟹工船」
1929年に発表された小林多喜二の同名小説を映画化した作品。蟹工船にて酷使される貧しい労働者たちが群像として描かれている。和尚役で出演した。
2010年「イエローキッド」
真利子哲也監督の長編映画デビュー作。東京藝術大学大学院の卒業制作で、スタッフも全て同大学院生で構成されている。ボクシングジムの会長役で出演。
2010年「ボーイズ・オン・ザ・ラン」
花沢健吾による同名漫画を映画化した作品。平凡な主人公の青年が残酷で不条理な現実に翻弄されながらもあがき、良くも悪くも人間的な成長を遂げていくというストーリー。田中役で出演。
2010年「ゴールデンスランバー」
伊坂幸太郎の同名小説を原作とした映画。首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の、2日間に亘る逃亡劇を描いている。児島安雄役を演じた。
2010年「孤高のメス」
高山路爛原作、やまだ哲太作画による漫画「メスよ輝け!!」を原作とした映画。民間病院の外科医と大学病院の戦いを描いている。大川慎二役で出演。
2010年「悪人」
吉田修一の同名小説を映画化した作品。殺人を犯してしまった主人公と、共に逃避行する女性、そしてその周りの人々を描き、善とは何か、悪とは何かを問いかける。タクシーの運転手役で出演。
2011年「冷たい熱帯魚」
1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとした物語。大型熱帯魚店を営む村田幸雄役で出演し、数々の映画賞を受賞した。
2011年「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」
新婚なのに倦怠期な夫婦が怪しげな占い師の勧めで新婚旅行という名の「地獄ツアー」に行くことになるというストーリー。赤い人役で出演した。
2011年「大鹿村騒動記」
長野県に実在する村「大鹿村」で300年以上続く大鹿歌舞伎を題材に、笑いあり、涙ありのストーリーとなっている。朝川玄一郎役で出演した。
2011年「極道めし」
土山しげるによる同名漫画を映画化した作品。刑務所に収監されている受刑者たちによって語られる食に対するエピソードが綴られている。五所川原役で出演。
2012年「ライク・サムワン・イン・ラブ」
イランの巨匠アッバス・キアロスタミが日本を舞台に製作した映画。高級デートクラブの経営者役を演じた。
2012年「その夜の侍」
2007年に劇団THE SHAMPOO HATが下北沢ザ・スズナリで上演した舞台劇を映画化した作品。ひき逃げ事件で最愛の妻を亡くした中年男が復讐に立ち上がる物語。佐藤進役で出演。
2012年「清州会議」
1582年に実際にあった出来事の「清州会議」を元に、三谷幸喜が監督・脚本を務めたコメディ映画。前田玄以役を演じた。
2013年「鈴木先生」
武富健治による同名漫画がテレビ東京にてドラマ化され、そのドラマが高い評価を受けたことで劇場版が製作された。川野達郎役で出演。
2014年「TOKYO TRIBE」
井上三太による漫画「TOKYO TRIBE2」を原作としたミュージカル映画。セリフを全てラップで表現するという新しい形に挑戦した作品。大司祭役で出演。