お勧め作品「の・ようなもの」

お勧め作品「の・ようなもの」

「の・ようなもの」は1981年に公開された森田芳光監督による映画です。落語の世界を題材にした青春群像映画で、この映画がでんでんの俳優デビュー作でした。また、本作は森田芳光の監督デビュー作でもあり、秋吉久美子が体当たりで演じたソープ嬢や栃木弁丸出しの伊藤克信が主役に抜擢されたことなど、様々な面で話題となりました。落語関係者や日活ロマンポルノ関係者も多数出演しています。この作品について森田監督は「人間はみな面白いものだという観点から人間をより多面的にとらえ、言葉やしぐさの中に含まれる人間的な温かみを表現したかった」と語っています。80年代の懐かしい浅草や、バブルの頃の人間模様が見られる楽しい映画です。

ストーリー

東京の下町に住む若手落語家の志ん魚(しんとと)は、23歳の誕生日に初めてソープランドへ行くことを決意します。志ん魚の初のお相手を務めたエリザベスは、実はインテリで落語にあまり興味がなかったのですが、裏表のない性格の志ん魚となんとなくデートを重ねるようになり、ときには相談にのってあげるという奇妙な関係になって行きます。ある日、女子高校の落語研究会を指導することになった志ん魚は、その中の1人・由美に恋をしてしまいます。エリザベスに相談するものの、どちらの関係も絶ちがたい志ん魚は、結局二股交際を始めることに。由美とのデートの帰り、由美の実家へ立ち寄った志ん魚は、両親を紹介され古典落語の「二十四孝」を披露します。しかし、由美の父からは「なってないねぇ。どうやって生活しているの?」と心配され、古今亭志ん朝や立川談志と比較された挙句、由美からも「下手」と駄目押しされる始末。失意の志ん魚は家を出ますが終電は既に終わったあとでした。仕方なく堀切駅から浅草へ向けて歩き出す志ん魚。深夜の下町を「道中づけ」しながら歩き続け、浅草へ到着したときには夜は既に明けていて、心配してスクーターで駆け付けた由美が待っていました。一方、パッとしなかった志ん魚の一門の先輩・志ん米が真打に昇進することとなり、関係者は沸き立ちます。エリザベスはソープランドを辞め、引っ越して新しい道を歩むこととなり、志ん魚は取り残されたような気持ちになり、自分の将来や落語界の未来について、真剣に考え始めるのでした・・・。

キャスト

  • 志ん魚(しんとと)・・・伊藤克信
  • エリザベス・・・秋吉久美子
  • 志ん米(しんこめ)・・・尾藤イサオ
  • 由美・・・麻生えりか
  • 志ん水(しんすい)・・・でんでん
  • 志ん肉(しんにく)・・・小林まさひろ
  • 志ん菜(しんさい)・・・大野貴保
  • 出船亭扇橋・・・入船亭扇橋
  • 近所の主婦・・・内海桂子
  • おかみさん・・・内海好江
  • 笑太郎・・・三遊亭楽太郎
  • 有名落語家・・・春風亭柳朝
  • 由美の父・・・芹沢博文
  • 由美の母・・・加藤治子
  • 川島(オカマのコンビ)・・・小堺一機
  • 川添(オカマのコンビ)・・・ラビット関根
  • 亜矢(エリザベスの友人)・・・室井滋
  • おばさんディレクター・・・鷲尾真知子
  • エリザベスに挨拶される男・・・永井豪
  • 佐世子(志ん米の妻)・・・吉沢由起
  • 志ん菜の姉・・・小宮久美子
  • まりや・・・五十嵐知子
  • 真代・・・風間かおる
  • 佐紀・・・直井理奈
  • 前座・柳感・・・金井久
  • 前座・君丸・・・小笠原勤
  • 落研所属の女子高生ナガシマ&新婦・竜子(一人二役)・・・大角桂子
  • 落研所属の女子高生(エキストラ)・・・エド・はるみ

スタッフ

  • 監督・脚本・企画・・・森田芳光
  • 企画・製作・・・鈴木光
  • 音楽・・・塩村宰
  • 撮影・・・渡部眞
  • 編集・・・川島章正
  • 美術・・・増島季美代、伊藤羽
  • 助監督・・・山本厚、佐藤睦夫、杉山泰一

感想

終電を逃して、夜の街を歩くはめになったことがある方は、この映画をきっと好きになると思います。いつものにぎやかで明るい街とは別の表情を見せる夜中の街で、まるで自分だけが起きているような、ちょっと寂しい気持ちと優越感が入り混じった不思議な感覚が、この映画にはあるのです。中々落語が上手くならない主人公が、インテリのソープ嬢と仲良くなり、女子高生とも付き合いはじめ、落語に恋愛に奮闘するという話なのですが、ストーリーを見ただけではこの映画の良さは伝わらないと思います。もう30年以上も前に作られた映画で、80年代の浮足立った都会の人達の様子は今から見ればとても古臭くてダサく感じますが、その古臭さやダサさがとてもリアルですぐそこに人々の息吹を感じることができます。栃木なまりの主人公、人生を達観したソープ嬢、はきはき物をいうかわいい女子高生、時に励まし合い、時にツッコみあう兄弟子たちとの関係など、それぞれのキャラクターに温かな人間味を感じました。観終ったあとには、胸が締め付けられるような、切ない気持ちになります。30年前の浅草を知らない私には、感じるはずのない「懐かしい」という感覚を与えてくれる不思議な映画です。