主な出演ドラマ

出演ドラマリスト

NHK

1964年「赤穂浪士」
NHK大河の第2作目として放送されたドラマです。大衆文学の重鎮である大佛次郎の大作「赤穂浪士」を原作にしています。大野郡右衛門役を演じました。
1974年「勝海舟」
12作目の大河ドラマです。子母沢寛の同名小説を原作に、勝海舟の生涯と彼を取り巻く人々の人間模様を描いています。桂田玄道役で出演しました。
1978年「黄金の日日」
NHKスタッフと小説家の城山三郎、脚本家の市川森一が大まかなストーリーを作り、小説と脚本を同時進行で執筆するという珍しいスタイルが採られたドラマです。織田長益役を演じました。
1980年「獅子の時代」
山田太一によるオリジナル脚本の大河ドラマです。有名武将が主人公ではなく、地方に生きる庶民にスポットライトを当て、歴史に翻弄された人々の裏側を描く内容になっています。北海屋役で出演しました。
1982年「けものみち」
松本清張の同名小説を原作に、ジェームス三木が脚本を書きました。主演は名取裕子でした。奥野は宝石商の役で出演しています。
1984年「山河燃ゆ」
山崎豊子の「二つの祖国」を原作とした大河ドラマです。日系アメリカ人二世の兄弟を中心に、その友人や家族が引き裂かれた太平洋戦争の悲劇を描いています。田宮平九郎役で出演しました。
1985年「真田太平記」
池波正太郎の同名小説を原作としたドラマです。安土桃山時代後期が舞台で、真田昌幸・信之・幸村の生涯と一族の興亡、それを取り巻く人々の生き様を描いています。増田長盛役で出演しました。
1987年「独眼竜政宗」
山岡荘八の小説「伊達政宗」を原作にした大河ドラマで、仙台藩62万石の礎を一代で築いた奥州の戦国武将・伊達政宗の生涯を描いています。花井義雄役を演じました。
1988年「総務部総務課山口六平太」
1986年から「ビッグコミック」にて連載している漫画をドラマ化した作品です。窪田医師役で出演しました。
1991年「大内内蔵助 冬の決戦」
田向正健が脚本を執筆し、大石内蔵助とその家族を中心に播州赤穂藩浅野家の断絶から吉良邸討入りまでの所謂元禄赤穂事件を描いた作品です。小山良師役で出演しました。
2010年「離婚同居」
柏屋コッコの同名漫画をドラマ化した作品です。米澤和人役で出演しました。

日本テレビ

1966年「青春とはなんだ」
石原慎太郎の同名小説を原作としたドラマです。アメリカ帰りの主人公が教師となり、ラグビーを通じて生徒たちと心の交流をしていくという物語です。服部役を演じました。
1973年「太陽にほえろ!」
石原裕次郎主演で大変な人気を博した刑事ドラマです。奥野は第43話に検事役として、第141話に弁護士役として出演しました。
2010年「黄金の豚-会計検査庁特別調査課-」
会見検査院をモデルにした架空の機関「会計検査庁」で働く型破りな主人公が様々な不正を暴いていくドラマです。

TBS

1966年「ウルトラマン」
円谷プロダクションが制作した大人気特撮モノです。第5話に地質学者・松尾博士として、第35話に月ロケットセンター所員として出演しています。
1971年「帰ってきたウルトラマン」
「ウルトラマン」の約30年後を舞台に、ウルトラマンが地球に帰ってくるという設定で作られた特撮モノです。医師役で出演しました。
1971年「天皇の世紀」
大佛次郎の歴史小説を原作としたドラマです。のちに明治天皇となる親王誕生、ペリーの黒船来航から戊辰戦争に至るまでの激動の幕末維新の時代を描いています。近衛忠煕役で出演しました。
1979年「不毛地帯」
山崎豊子の同名小説を原作としたドラマです。連載中に明るみに出たロッキード事件、ダグラス・グラマン事件の裏事情を小説が知らしめたとして話題となりました。竹村少将役を演じています。
1984年「生きて行く私」
宇野千代の自伝的小説をドラマ化した作品です。大正から昭和にかけて多くの恋愛・結婚を経験した千代の自由奔放で波乱の人生が描かれています。北原武夫の父役を演じました。
1988年「水戸黄門」
言わずと知れた大人気時代劇です。奥野はこれまで5回出演しています。
1991年「大岡越前」
享保期の江戸南町奉行大岡忠相を主人公とした時代劇です。「水戸黄門」に次ぐ人気時代劇で、奥野は3回出演しました。
1994年「江戸を斬るⅧ」
「遠山の金さん」の愛称でしられる遠山金四郎を主人公にしたドラマで、Ⅷはシリーズ最終作でした。奥野は第10話に泉州屋役で出演しました。

フジテレビ

1971年「魔人ハンター ミツルギ」
天下獲りを画策する宇宙忍者サソリ軍団とそれを阻止しようとするミツルギ一族の戦いを描いた特撮モノです。徳川家康役を演じました。
1972年「スペクトルマン」
宇宙からの侵略者「宇宙猿人ゴリ」の送り出す怪獣対ネヴュラの星のヒーロー・スペクトルマンの戦いを描いた特撮モノです。景山博士役で出演しています。
2003年「美女か野獣」
視聴率が低迷するニュース番組のプロデューサーにヘッドハンティングされた主人公が、仲間たちと協力しながら恋愛も仕事も一生懸命こなす姿を描いたドラマです。野田克雄役で出演しました。
2009年「東京DOGS」
ニューヨーク市警察のエリート刑事・高倉奏と、血の気が多い暴走族上がりの刑事・工藤マルオがバディを組み、数々の事件に挑んでいくというストーリー。蒲田シゲオの祖父役をえんじました。

テレビ朝日

1967年「白い巨塔」
山崎豊子の同名小説をドラマ化した作品。この小説はこれまで5回映像化されていますが、本作が初のテレビドラマ化でした。佐々木信平役で出演しました。
1971年「仮面ライダー」
等身大のヒーローと怪人が対決する「SF怪奇アクションドラマ」です。従来のヒーローとは一線を画した異形のヒーローとして人気を博しました。剛田博士役で出演しました。
1974年「仮面ライダーX」
仮面ライダーシリーズの第3作です。青田博士役で出演しました。
1977年「腐蝕の構造」
森村誠一の同名小説をドラマ化した作品です。北アルプスの雄大な自然を背景に、全話共通して城達也の淡々としたナレーションでストーリーが進んでゆくのが特徴でした。小宮山四郎博士を演じました。

テレビ東京

  • 1970年「大江戸捜査網」
  • 1970年から1984年まで続いた人気ドラマです。秘密捜査員・隠密同心たちが、変装、潜入、囮など様々な手段を駆使しながら探索、事件の裏にはびこる江戸の悪を斬り捨てていく痛快時代劇となっています。
  • 1979年「そば屋梅吉捕物帳」
  • 中村梅之助主演の時代劇です。「捕物帳」と銘打ってはいますが、中村梅之助演じる梅吉は着流し姿で秘密裏に悪人たちを闇に葬り、必殺シリーズ的な趣向もみられます。第14話に出演しました。